​ART PROGRAM

ON-LINE

Chi Fan Wang, Erika Kotabe,    Yan Ju Lin, Mei Yu Chang,      Man Chun Chao

INTRODUCTION

「On-Line」企劃以透過模糊地理的邊境創造出一個無邊界的空間,讓我們重新思考生活中的邊界為目標。我們現在分別生活在日本跟台灣兩個不同的國家。在那之間存在著國境,文化和語言等邊界。在此企劃中,組員將使用Google街景,混合日本和台灣相像的街景,呈現出一個不知道自己身處何處的空間。並在影片中放入代表限制及界線的「警戒線」來刻意製造出「邊界」。在1月30號活動當天,讓參加者觀賞此影片,並讓所有參加者思考自己對「邊界」的定義。並在散步的期間以影片或照片的方式拍攝下自己定義的「邊界」。最後請參加者將自己拍攝的影片或照片上傳到本企劃的Instagram 帳號,在網路上打造一個思考「邊界」的「無邊界」空間。

「On-Line」プロジェクトは、あえて地理的なボーダーの境界を曖昧にしてボーダーレスな空間を創出することで、私たちの生活の中にあるボーダーについて再考することを目指すプロジェクトです。私たちは現在、台湾と日本という異なる国に暮らしています。その間には国境や文化、言語といったボーダーが存在します。本プロジェクトでは、グループメンバーがGoogleストリートビューを用いて映像作品を制作し、日本と台湾の似ている街の風景をミックスしていくことで自分が台湾と日本どちらにいるのか分からなくなるようなボーダーレスな空間を表現します。また、制限や境界を意味する「警戒線」も間に入れることによって、意図的な「ボーダー」も作り出します。プロジェクト本番である1月30日にこの作品を参加者に鑑賞してもらい、それぞれの「ボーダー」の意味を考える機会を持ちます。そして、町歩きをする中で自分が考えるボーダーを写真や映像で撮影してもらいます。台湾と日本から本企画のインスタグラムアカウントにそれぞれが考えるボーダーをアップロードしてもらうことで、オンライン上が「ボーダー」について考える「ボーダーレス」な空間となるのではないでしょうか。

140281529_758646148392290_39748900296267

1/3